白井市インプラントHOME >入れ歯を入れた方の5年後の物語

インプラントと入れ歯のメリット・デメリット

あなたが歯を失った場合、一般的な治療法として「入れ歯」、「ブリッジ」、「インプラント」の3つの方法があります。このページでは、「入れ歯」と「インプラント」を比較しながら、それぞれのメリット・デメリットについてご紹介させていただきます。

 

インプラントとは?

インプラント 東京 の 府中予防インプラントセンター:インプラント図日本では江戸時代から使われていたという入れ歯と違い、比較的新しい治療法である「インプラント」。それは、天然歯の根の部分の働きをしてくれる人工歯を歯茎に入れることにより、自分の歯で噛むような機能を回復することができる画期的な医療です。

 

インプラントのメリット・デメリット

メリット デメリット

自分の歯と同じ感覚で噛むことができる。
自分の歯と変わらない見た目の自然さ。
周囲の歯や歯茎を傷つけない。
かたいものも食べることができる。
直接、あごの骨に力を加えるので、あごの骨がやせるのを防げる。

保険適用の入れ歯治療に比べると治療費が高い。
インプラントを埋め込むための外科手術が必要
歯骨の状態などにより、インプラント治療が行えないケースもある。

 

入れ歯のメリット・デメリット

メリット デメリット

手術が必要ないので、気軽に治療を受けられる。
インプラント治療ができない人でも受けることができる。
保険適用内の入れ歯なら治療費が安い。

取り外して、手入れをするのが面倒くさい。
食べかすなどにより、口の中が不衛生になりやすい。
あごの骨や歯茎がやせてくる危険性。
かたいものが噛みにくい。そのため、噛む力が減退していく場合も。

 

インプラントにも、入れ歯にも、それぞれメリット・デメリットがありますが、「自分の歯のような感覚で美味しく食事を楽しみたい」と思われる方には、インプラント治療をお勧めしています。