白井市インプラントHOME >ブリッジを入れた方の5年後の物語

インプラントとブリッジのメリット・デメリット

あなたが歯を失った場合、一般的な治療法として、「入れ歯」、「ブリッジ」、「インプラント」の3つの方法があります。このページでは、「ブリッジ」と「インプラント」を比較しながら、それぞれのメリット・デメリットについてご紹介させていただきます。

 

ブリッジとは?

インプラント 東京 の 府中予防インプラントセンター:ブリッジ図抜けた歯の両隣りの歯を削って土台を作り、橋を渡すように人工の歯を入れて、欠損部分を回復する治療法が「ブリッジ」です。多くの歯科医院で行われている治療法で、保険適用内の治療なら廉価で受けることができます。

 

ブリッジのメリット・デメリット

メリット デメリット

両隣の歯に固定されるので、入れ歯のような違和感がない。
自分の歯と変わらない、見た目の美しさを保てる。
保険適用材料を使えば、比較的安く治療できる。

ブリッジを支えるために、両隣の健康な歯を削る必要がある。
支える歯に負担がかかり、その歯を失ってしまう危険性も。
あごの骨がやせてしまい、歯並びが悪くなってしまう。
食べかすがつまって、口の中が不衛生になりやすい。

 

インプラントとは?

インプラント 東京 の 府中予防インプラントセンター:インプラント図従来の入れ歯になどに比べると新しい治療法である「インプラント」。天然歯の根の部分の働きをしてくれる人工歯を歯茎に入れることにより、自分の歯で噛むような機能を回復することができる画期的な医療です。

 

インプラントのメリット・デメリット

メリット デメリット

自分の歯と同じ感覚で噛むことができる。
自分の歯と変わらない見た目の自然さ。
周囲の歯や歯茎を傷つけない。

かたいものも食べることができる。
直接、あごの骨に力を加えるので、あごの骨がやせるのを防げる。

保険適用の入れ歯治療比べると治療費が高い。
インプラントを埋め込む外科手術が必要。
歯骨の状態などにより、インプラント治療が行えないケースも。

 

インプラントにも、ブリッジにも、それぞれメリット・デメリットがありますが、他の歯を傷つけずに「自分の歯のような感覚で美味しく食事を楽しみたい」と思われる方には、インプラント治療をお勧めしています。