白井市インプラントHOME >選ばれる4つの理由>>うたた寝状態でインプラント

うたた寝状態で、インプラント手術。(希望者のみ)

不安や恐怖心をなくし、リラックスしたしたままで手術!

インプラント手術をする際に、局所麻酔で手術をする歯科医院が多いことはご存知ですか? 
局所麻酔の場合、痛みはないのですが、手術をする部分のみの麻酔となりますので、意識があるため不安や緊張を抱えながらの手術になってしまいます。
できることなら、不安を感じないまま意識がない状態で手術を受けたくありませんか?

当院では、全身麻酔に比較的近いのにも関わらず身体に負担の少ない、静脈内鎮静法という方法にて麻酔を行います。

麻酔専門医による、『静脈内鎮静法』という方法により、麻酔を受けた方は、麻酔中は、うとうと眠っている状態になり、恐怖や不安を感じないまま手術を終える事が出来ます。

静脈鎮静法は、全身麻酔のように、まったく意識がなくなるわけではありません。まるで、うたた寝をしているような状態になり、恐怖や不安を取り除くのです。

  • 「気づいたら手術が終わっていた」
  • 「うとうとしている間に手術が終わっていた」

体験者は、そんな感想をみなさん口にします。 当インプラントセンターでは、みなさんが少しでも不安や痛みを感じることがないよう 患者様にとっての最適なことは何かを考え取り組んでいます。